記事

 泉州織物工業協同組合のホームページにようこそ

Sample photo

七世紀にもわたる歴史を経て、高品質と幅広い製品群で、さらに発展を続けます。

泉州産地の綿スフ織物の歴史はひじょうに古く600余年前といわれてます。室町時代に綿の栽培をおこない、白木綿を製織したのが始まりとされています。江戸時代には「和泉木綿」の名で広く日本国中に知れわたり、国内の中心的な綿業地帯を形成するに至ったのです。


以来、数々の変遷を経て、静岡県、愛知県、兵庫県と共にわが国の四大産地の一つとして発展。現在では衣料用織物を始め、工業資材用織物、衛生材料用織物など広範囲にわたる数多くの品種を製織。さらには、海外市場への輸出や国内需要に対する素材供給基地としても大きく発展をとげてきました。

ニーズに合わせた製品作りとトレンド発信、それがこれからの泉州織物産地の姿です。

近年の産業構造の変化、消費者ニーズの著しい多様化に対応するため、泉州綿スフ織物産地においても、各企業での革新設備の導入と差別化、高付加価
値製品への転換を図るなど企業体質の改善強化に努めてきました。
伝統に驕ることなく地場産業の一層の繁栄をめざし、常に変化する消費需要に適合した新製品の開発、供給、さらに新しい流れを作りだすべく、産地一丸となって挑戦を続けます。



現在地: Home